このサイトは

関東学院大学 経済学部(経営学部2017年新設) 准教授・赤尾 充哉のブログです。私の研究活動やゼミ生の活動についてご報告します。
お問合せは、akao@kanto-gakuin.ac.jp

2017年4月30日日曜日

盛り沢山の新入生オリエンテーションをやりましたよ!

#関東学院大学 #経営学部 #新入生オリエンテーション #モスバーガー #京急電鉄 #KADOKAWA #ディスクドッジ #聖地巡礼

こんにちは。
関東学院大学 経営学部 准教授の赤尾充哉です。

あっという間に4月も終わりですね。ぼくもかなり忙しく過ごしていました。
そんなわけでちょっとタイミングを逃してしまった感がありますが、4月の最初に行われた新入生オリエンテーションのお話。

関東学院大学経営学部は今年スタートということで、新たにオリエンテーション企画をやってみました。

まずは、
  株式会社モスフードサービス 執行役員総合企画室室長の千原一晃さん、
  京浜急行電鉄株式会社 グループ戦略室部長の島田良亮さん、
  株式会社KADOKAWA 横浜ウォーカー編集長の山本篤史さん
による、豪華講演3本立て
多くの学生にとって、いままであまり接したことのなかったビジネスの最前線で指揮をとる方々のお話を、入学早々に聞くという圧巻の体験を。
これが関東学院大学経営学部です。
経営学部はいきなり本気なのです。
こちらの詳細は大学公式サイトの記事をご覧ください。
http://univ.kanto-gakuin.ac.jp/index.php/ja/home/news/news/1791-2017-04-04-5.html

さて、それから経済学部経営学科の先輩学生による、企業連携プロジェクト型学習の体験談
  ・京急電鉄・京急百貨店・湘南信金・高梨農園と連携し、
   地元農産物を販売することで地域貢献するプロジェクト(小山ゼミ)、
  ・富士通と連携し、未利用の特許技術をビジネスに変える提案
   をするプロジェクト(真保ゼミ)、
  ・野毛印刷社、富士ゼロックス、横浜信金と連携し、
   地元の優良な中小・中堅企業を取材し、
   会社案内を制作するプロジェクト(福田ゼミ・辻ゼミ・赤尾ゼミ)
  ・KADOKAWAと連携し、企画・取材・記事制作を行ない、
   情報コンテンツビジネスを体験するプロジェクト(赤尾ゼミ)
  ・中外製薬・毎日新聞と連携し、
   障がい者が垣根なく参加できる社会の実現を目指すプロジェクト(岡部ゼミ)
以上のプロジェクトを、学生の体験談を交えながら紹介しました。
これが経営学部でやっていく学びのスタイルなんですよ!ということをしっかり理解してもらいました。

さらに、数々のテレビ番組でロケ地として利用されている関東学院大学のキャンパスを見て回る、「聖地巡礼」キャンパスツアー(ぼくのアイデアです(笑))
「昼顔」で修羅場となったあの名場面(本学の図書館が舞台)や、「劇場版仮面ライダー鎧武」での激しい銃撃戦(本学の中庭が舞台)などをご紹介しました。
まぁちょっと天気が悪くてやりづらかったですけどね・・・^^;

日を変えて翌日は、真保准教授から1年生の基礎ゼミナールの説明、また、小山教授の「大学の授業あるあるコント」(を交えた授業の受け方講座)がありました。

最後は基礎ゼミナールのクラス対抗「ディスクドッジ大会」
ディスクドッジというのは柔らかい素材のフライングディスク(フリスビー)で行なうドッジボールです。
初めまして同士の学生たちが親交を深めました。
そして、なんと赤尾クラスは午後の部優勝でした!(そして最初から赤いズボンのぼく)

という盛り沢山のオリエンテーションでした。
教員も学生もヘトヘトになりましたが、経営学部は最初から本気なのです!
そして赤尾充哉は最初から赤いズボンなのです!

--------------
新着投稿

人気投稿

2017年4月16日日曜日

学生発案による小泉進次郎議員との座談会が実現

#関東学院大学 #経営学部 #K-biz #ウォーカー・プロジェクト #小泉進次郎 #永島農園 #KADOKAWA #赤尾充哉 #ゼミナール

こんにちは。
関東学院大学 経営学部 准教授の赤尾充哉です。


経営学部社会連携プラットフォーム「K-biz」を活用して、赤尾ゼミはKADOKAWA社の協力のもと「K-bizウォーカー・プロジェクト」という学習に取り組んでいます。
これは、学生が自分で雑誌やウェブサイトの企画を立て、取材をし、サンプル記事を制作して発表する、という情報コンテンツ・ビジネスの体験をとおしての学習プロジェクトです。

このプロジェクトの企画の一つとして、衆議院議員の小泉進次郎さん(自民党・農林部会長)、若手気鋭の農家・永島太一郎さん(永島農園)、そして関東学院大学の学生の三者対談形式の取材が実現しました。



あらかじめレールが敷かれていたわけではなく、学生の発案から始まり、諸方面のみなさんにご協力いただいて、手探りで実現させた「ガチ」な企画ですので、非常に価値あるものだと思います。
対談の中身も、小泉議員・永島さんの積極的なご協力によって、とても濃密なものとなりました。
詳しくは、大学公式サイトをご覧ください。
http://univ.kanto-gakuin.ac.jp/index.php/ja/home/news/news/1780-2017-04-03-3.html


これから学生がこの対談を記事にまとめあげるわけですが、たいへん楽しみにしています。


--------------
新着投稿

人気投稿